パニック障害を克服しよう!(パニック障害の症状・原因・治療法等)

スポンサードリンク

抗精神病薬(メジャートランキライザー)

抗精神病薬とは、強い不安やうつ状態、妄想・幻覚といった精神症状などを緩和させる薬です。
メジャートランキライザーとも呼ばれます。

主に統合失調症や躁うつ病などに使われる薬で、パニック障害の薬として出されることはあまりありませんが、抗不安薬では取り除けないほどの強い不安やうつ状態がある場合は抗精神病薬が処方されることもあります。

吐き気を抑える効果もあるため、SSRIを飲んだ時に出やすい嘔吐作用を抑えるために処方されることもあります。


抗不安薬よりも効き目が強い分、副作用も多く出ます。

無月経、乳汁分泌、便秘、眼のかすみ、口渇、低血圧・めまい・射精障害、体重増加など。

特に食欲が増すため、体重増加という副作用は出やすいです。

その他、重篤な病気を発症することもあるので注意が必要。
医師の指導に従って服用し、絶対に乱用したりはしないでください。

なお、抗不安薬同様、アルコールとの併用は避けてください。


メジャートランキライザーは、あまりパニック障害に使われることはないため、あまり詳しく知る必要はないかと思われますが、飲む際はマイナートランキライザー以上に注意してください。



【 薬について メニューへ 】

【 管理人の『腸内フローラ改善記』更新中 】

【 トップページへ 】