パニック障害を克服しよう!(パニック障害の症状・原因・治療法等)

スポンサードリンク

パニック障害は再発しやすい?

「パニック障害は再発しやすい病気」

よく、こんな言葉を耳にします。

でもこれって、パニック障害患者を無駄に怖がらせてしまうだけなんですよね。
医者とか学者とかでも、平気でこういった表現を使います。

ですが、決してこんな言葉を真に受けて怖がったりなんてしないでください。


大体、パニック障害の再発ってなんですか?
僕は、この表現自体おかしいと感じています。

じゃあ、一旦引いた風邪が治り、その半年後にまた風邪を引いたら、いちいち「風邪が再発した」って言うでしょうか?
「風邪は再発するから怖い」なんて言うでしょうか?

言いませんよね。

僕は、これと同じだと考えています。

パニック障害やうつは「心の風邪」。

そりゃ誰だって、たまには精神的に調子が悪い時はあるでしょう。
これは、パニック障害などの人に限ったことではありません。

ただ、パニックやうつを経験した人は、精神的不調に敏感になっているため、ついつい「再発」という言葉がチラついてしまいます。

でも、パニックやうつの人じゃなくても、ストレスなどで精神の調子が悪くなることはあります。

パニックやうつを経験していない人は、ただ精神の不調に気付いていないだけ。
意識をしていないから、いつの間にか復調しているだけ。


パニック障害に苦しめられることがなくなった僕も、今でももちろん調子が悪い時はあります。

そういう時は、当サイトの「パニック障害克服法」に載せているような方法で回復を図ったり、デパスなどの薬を一時的に飲んだりして対応します。

いちいち、「ああ、まだ治ってないんだ・・・」などと落ち込むことなどありません。

もちろん昔はいちいちヘコんでいましたが、その頃はまだこういう精神関連のことについて全く無知で誤解していた頃。

パニック障害のことを知るたび、そして人生経験を重ねるたび、こんなのは悩むことじゃないんだということに気付いたのです。


ですので皆さん、「パニック障害は再発しやすい」などという言葉に脅かされないでください。

パニック障害に「再発」などという言葉を使うこと自体、そもそもおかしいのですから。
少し調子を崩したら、風邪を引いた時同様にゆっくり静養すればよいだけなのです。



【 パニック障害の基礎知識 メニューへ 】

【 管理人の『腸内フローラ改善記』更新中 】

【 トップページへ 】