パニック障害を克服しよう!(パニック障害の症状・原因・治療法等)

スポンサードリンク

どんな人がなりやすい?

パニック障害は、一体どんな人がかかりやすい病気なのでしょうか?

まず、パニック障害の日本人の生涯有病率は、約3%ほどとなっています。
つまり、100人いたら3人は一生のうちにパニック障害を患う計算になります。

しかもこれは、自覚している人の割合なので、気付かずに苦しんでいる人も含めればもっと上がるでしょう。

男性と女性、どちらがなりやすいかといいますと、女性の方が2倍ほどなりやすいようです。


「何をするとなるか」・「どういった人がなるか」に関してですが、、、

正直、「これをするとなる」「こういう人がなる」というはっきりとした線引きはありません。

ただ、僕が見てきて感じたのは、

●完璧主義な人
●細かい気配りができる人
●神経質な人
●ストレスに弱い人

などがパニック障害にかかりやすいように思えます。


あとは、「さほど神経質でもないしストレスにも弱くはない」という人でも、強烈なストレスで一時的にパニック障害になってしまう人もいます。

こういう人の場合は、ストレスの元となる原因が消えれば、自然と治っていく傾向にあるようです。

長嶋一茂さんがこのパターンですね。
偉大な野球選手である長嶋茂雄さんの息子、ということで過剰なプレッシャーがあり、過呼吸型のパニック障害になってしまいました。

やはり、あのミスターの息子ということで、野球に対する周囲からの期待は凄かったのでしょう。
必要以上に上がってしまっているハードルを越えられず、苦しんでいらっしゃったようです。

しかし、野球引退とともに徐々に回復していったんだとか。




以上が、パニック障害になりやすいと思われるタイプについてです。

ですが、あくまで「パニック障害を患う人にはそういうタイプが多い」というだけであって、当てはまらなければ大丈夫ということではありません。
誰にでもパニック障害を患う可能性はあります。

上述したように、生涯有病率は3%とそこそこ高く、いつ誰がパニック障害になってしまっても不思議はありませんので。

ですから、パニック障害になってしまったことで、「自分は特別な病気になってしまった・・・・ なんてツイてないんだ・・・・」などと落ち込まないでください。

世の中に星の数ほど存在するあらゆる病気。
その一つを患っただけのこと。

不運でもなんでもありません。
生きてれば、誰だって何度か病気にはなるのですから。

焦らず、ゆっくり治していけばよいのです。



【 パニック障害の基礎知識 メニューへ 】

【 管理人の『腸内フローラ改善記』更新中 】

【 トップページへ 】