パニック障害を克服しよう!(パニック障害の症状・原因・治療法等)

スポンサードリンク

不眠対策でパニック障害克服

パニック障害を克服するための方法として、「質の良い睡眠を確保する」というのも非常に有効です。

パニック発作や予期不安は、自律神経の乱れによって誘発されることも多いです。
自律神経を安定させることができれば、本来不安を感じる必要のないところで無駄に不安を感じるようなことはなくなるのです。

そして、自律神経を整える方法として最も効果があるのが、「質の良い睡眠を取ること」。

人間が、様々な障害や疲労から回復するのは、基本的には「睡眠」と「栄養」からです。
特に、心や神経の回復は、「睡眠」が非常に重要になってきます。

睡眠に勝る薬はありません。
副作用も一切なく、回復力も他の何より優れているのですから。

質の良い睡眠を確保して自律神経を整えることができれば、それだけでもパニック障害の改善に大いに役立つでしょう。


しかし、心や神経を患っている状態の場合、この「質の良い睡眠」というのを確保するのが難しいこともしばしばあります。

「寝付けない」
「一旦寝ても途中で起きてしまう」
「寝ざめがすっきりしない」

・・・などなど、睡眠に関してのトラブルを抱えてしまいがちになりますので。

パニック障害やうつを患うと、不眠症を併発してしまうことも多いので、睡眠に関しての悩みを抱えている人も非常に多いかと思われます。


そうした不眠症や、不眠症までいかなくとも「なかなか寝付けない」「途中で起きてしまう」といった悩みをお持ちの場合の快眠対策法を、以下にて記していきたいと思います。
 

【サプリを活用する】
寝付きがよくなったり、睡眠を深くしたりするための栄養素を含んだサプリを飲むことで、質の良い睡眠の確保に役立ちます。

以下のようなものがあります。



休息サポートサプリ『ネ・ムーン』
「株式会社カイミン」という、眠りについての専門会社が発売するサプリ。

「深く眠れない」・「寝ても疲れが抜けない」・「朝起きてもスッキリしない」といった悩みがある方に最適。
睡眠の質を良くする効果が期待できるサプリです。



ウェルネスレモンバーム
フランス産ハーブ「レモンバーム抽出物」から作られたサプリ。

天然ハーブによるリラックス効果が期待できるため、寝付きや目覚めが悪いという場合の改善に役立ちます。
 

【枕などの寝具を変える】
サプリなどに抵抗があるという場合は、寝付きを良くする・睡眠を深くするための寝具にこだわってみるのも手です。
いわゆる「快眠グッズ」という物ですね。



六角脳枕
快眠枕として各メディアに取り上げられている「六角脳枕」。

●寝付きがよくなる
●肩こり解消
●睡眠が深くなる

などの効果が期待できます。



快眠シート 『セラピュア・セーラ スーパーX』
セロトニン研究の専門家などが推薦している健康シート。
シートタイプなので、布団に敷くだけでOKです。

夜の寝付きや朝の目覚めが改善されることで自律神経が整えられるので、パニック障害につきまとう不安症状やうつ状態の改善が期待できます。
 

睡眠に関して悩んでいる場合、以上のようなサプリや寝具を活用してみるのも有効です。

パニック障害の克服のためには、良い睡眠をしっかりと取ることは必須なので、是非睡眠に関してはおろそかにしないよう心掛けてください。



【 パニック障害克服法 メニューへ 】

【 管理人の『腸内フローラ改善記』更新中 】

【 トップページへ 】