パニック障害を克服しよう!(パニック障害の症状・原因・治療法等)

スポンサードリンク

運動療法

パニック障害の治療法として最も推奨したいのが、この運動療法。

やはり、運動は健康の基本。
これは、何も肉体的なことだけではありません。
運動は、精神面でも非常に優れた効果を発揮します。


実際、僕もこれでだいぶ改善しました。
僕以外でも、「運動を始めてからパニック障害が治った」という人は非常に大勢いますので。

運動は、なんでもよいのです。
ウォーキングやジョギングなどの軽いものから、何かサークルなどに入ってサッカーや野球に興じるのもよいですし、スポーツクラブでビシバシ鍛えるのもよいです。

特に、ウォーキングやジョギングのような一定のリズムを刻み続ける運動は非常にお勧め。
僕の場合も、ジョギングを続けたおかげでだいぶパニック障害が改善しました。

なぜなら、リズム運動をすると脳内にセロトニンというやる気を司る神経伝達物質が分泌されやすくなるからです。

パニック障害は、セロトニンなどの神経伝達物質の量やバランスに異常があるために発症するとも言われているため、セロトニンを促進するリズム運動で効果が得られるのはごくごく当たり前な話。


あとは、筋トレをして筋肉をつける、というのも有効。

理論はよくわかりませんが、筋トレをしてパニックが改善したという人もいますので。
実際僕もやっていたのですが、確かに効果があったように思えます。


まとめますと、、、

「リズム運動を日々続ける」
「筋肉をつける」

これらによって、脳内神経伝達物質が安定するため、脳内の抗不安作用が正常に働くようになり、パニック障害の症状がおさまっていくのではないかと思われます。

是非、「運動する」ということを意識してみてください。



【 パニック障害克服法 メニューへ 】

【 管理人の『腸内フローラ改善記』更新中 】

【 トップページへ 】