パニック障害を克服しよう!(パニック障害の症状・原因・治療法等)

スポンサードリンク

森田療法

森田療法とは、1920年頃に森田正馬という人によった生み出された精神療法。

不安や症状を排除しようとせず、あるがままを受け入れる、というのが森田療法の主なコンセプト。
不安を取り除こうとあがくことが、より一層不安感を煽り症状を悪化させてしまうからです。

考え方や神経質な性格の改善がメインとなってきますが、苦しい症状でも真正面から受け止めろ、とする森田療法は、療法の中でも厳しいもので、この方法を嫌う人も多いです。


森田療法の概念では、「パニック障害などの神経症は、神経質な人が特定の心理メカニズムによって発症する」と考えられています。

神経質な性格とは「内向的・内省的」「心配性」「完全主義・理想主義」「頑固」「負けず嫌い」等。

僕も、思いっきりこれに当てはまっています。。

で、こうした性格のため、軽く動悸が始まっただけでもすぐに心臓あたりに注意がいってしまい、「あ・・・ このままこの動悸が激しくなるかも・・・」と自分で不安を煽り、結果パニック発作に陥ってしまいます。

普通の人なら、軽い動悸が始まったくらいでは心臓に注意がいったりしないため、こうした発作には発展しにくいのです。

でも、神経質というのは性格であって病気とかではないですから、治すというのはちょっと違うんですよね。

神経質な人には神経質な人なりの長所もたくさんあります。
細かい気配りができたり、空気が読めたり、責任感が強かったり、物事を中途半端のままにしておかなかったり。

「神経質な性格で生まれてしまってアンラッキーだ」などと落ち込んだりはしないでください。

ちなみに僕は、神経質で良かったとすら思っています。
トータルで考えれば、長所の方が多いと考えていますので。


具体的な森田療法の内容としては、「作業」や「医師との日記交換」を行ないながら、不安というものに対しての接し方を学んでいきます。

入院と外来がありますが、森田療法の基本となるのは入院治療。
入院しながら、不安とはどういうものなのかを体験し、不安との向き合い方を学んでいきます。

外来の場合は、主に医師との日記交換を中心とし、日々沸き起こる不安に対して思うがままに日記へ書き綴り、それを医師に提出。
医師は、森田療法の概念からその日記に対してコメントをつけていきます。

特に何かを治そうとしたり、薬を用いたりはしません。
「あるがまま」を受け入れる、これが森田療法の基本ですので。

不安に抵抗しようとしたり、「このままではいけない」という気持ちが症状を悪化させると考えられているので、症状に対して抗ったりせず全てを受け入れ、「自分はこんなものなのだ」「抵抗しても仕方が無いのだ」ということを理解し、不安や発作を自然に受け入れます。

そして、受け入れているうちに症状に対しての恐怖感がなくなっていき、普通に生活を送れるようになってくる。

これが森田療法の概要となります。



【 パニック障害克服法 メニューへ 】

【 管理人の『腸内フローラ改善記』更新中 】

【 トップページへ 】