パニック障害を克服しよう!(パニック障害の症状・原因・治療法等)

スポンサードリンク

SSRI(選択的セロトニン再取込阻害薬)

SSRI(選択的セロトニン再取込阻害薬)とは、抗うつ薬の一種で、脳内(正確にはシナプス中)のセロトニン濃度を高める薬です。

セロトニンを知る」でも書いたように、セロトニンが増えればやる気や元気が沸いてきて、不安な気持ちがなくなっていきます。

なおSSRIには、パキシル・ルボックス・デプロメールといった薬があります。


一時期は「パニック障害の特効薬」とまで言われた薬で、パニック障害について病院へ相談へ行くと、大抵の場合はこのSSRIによる薬物治療を勧められます。

ですが、、、

今では、「パニック障害の特効薬」という論調はややトーンダウンしてきています。

なぜかと言いますと、飲み忘れによって発生する離脱症状や、服用中の副作用がキツいから。

飲み忘れると激しい離脱症状が起こってしまうことがあり、下手したら病状を悪化させてしまうことがあります。

そして副作用についても、従来の抗うつ薬に比べれば少ないとは言われていますが、それでも抗不安薬と比べれば副作用は多く、吐き気や性機能異常などが起こります。

そして、長年に渡って毎日飲み続けなければいけない薬なので、患者に対するプレッシャーや負担が大きいのもやや難点。

僕は一度パキシルを処方されたことがありましたが、一度も飲むことなく捨てました。
「一度飲みだしたら数年続く」「場合によってはひどい副作用が発生する」というのがどうしても受け入れられず・・・・・


とはいえ、SSRIでパニック障害やうつを克服した人も大勢いますし、医師の間ではスタンダードな治療方法となっていますので、今現在SSRIでの治療を行なっている方は医師に無断で服用をヤメたりはしないでください。

無断でヤメてしまうことが一番危険です。

どの薬が合うか、どういった治療法が合うか、というのは、それぞれ個人差があるもの。
結局は試してみないとわからないというのが正直なところです。

「SSRIで治療を行なう」ということがどういうことなのかを深く知った上で、是非この方法で治療したい!と思うのならば、やってみる価値はあると思います。

長年飲み続けてもいいように、内臓への負担は低めになっている薬ですので。



【 薬について メニューへ 】

【 管理人の『腸内フローラ改善記』更新中 】

【 トップページへ 】